あした晴れるかな@ブリスベン


2010年7月生まれのベビーとの日常・育児生活を更新中。グルメ、写真、旅行が好き☆
by sunnybank
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事

診断結果。。。

今日、慶応大学病院での病理診断(コルポ診+組織診)の結果が出ました。

会社は午前中の半休を申請してあったので、家から直接病院へ。診察室の前でひたすら待つこと3時間半。。外来担当のT先生の診察は人気があるのか、午前中だけで60人以上の患者さんがいたようです。待っている間は、なるべく悪い結果は考えないように努めていました。

やっと私の名前が呼ばれて、診察室へ。今日初めてお会いした頸癌専門のT先生から、「上皮内癌(子宮頸癌 0期)の診断です。。病変の円錐切除術が必要ですね。。」と告げられました。「あれ、、、中~高度異形成だったのでは?!?」と考える間もなく、頭が真っ白に。。「異形成(前癌病変)ではなくて、既に癌になってたんだぁ。。。そ、そんな。。!!」とかなり驚きました。

T先生は「手術の予定は9月でどうですか?」と言われましたが、結婚して海外に移住するという事情をお伝えしたところ、(少し考えてから)「通常は受け持った主治医が手術もするのですが、そういう事情であれば、今回は特別にI先生に8月中に手術をしてもらえるよう頼んであげましょう。。」と言ってくださいました。(癌が見つかった以上、一刻も早く手術したいので良かった。。T先生にはとても良い印象を受けました。I先生も良い方だといいなぁ。)

早速その日の内に、レーザー円錐切除術のための術前検査(X線、心電図、採血、検尿)を受け、入院受付に書類提出。。。

でも、肝心のI先生が2週間お休み中ということで、手術の日程が決まるのは次回診察日の8月1日。。また、2週間半後かぁ。。(涙)。8月1日に、入院オリエンテーションと麻酔外来もあるそうです。

なんか予想外の展開に、落ち込む間もありませんでしたが、時間が経つにつれ、だんだんと「自分が頸癌なんだ。。」という現実が迫ってきて、落ち込んできました。。心なしか、下腹部の痛みも増してきたような。

自分の体が自分の体でないような違和感。。手術への恐怖心。。そして、(今から心配しても仕方がないのに)、円錐切除術の結果、癌が浸潤(癌が上皮内膜を破って広がること)していたらどうしよう!、もしも全摘になったら!!、、等とネガティブなことばかり考えてしまいました。

今年3月初め「クリニックでの細胞診 II(陰性、炎症判定不可)」→4月初め「クリニックでの細胞診 IIIa(擬陽性)」→5月末「クリニックでのコルポ診+組織診 CIN3(中・高度異形成)」→6月末「慶応大学病院でのコルポ診+組織診 CIS(上皮内癌=子宮頸癌 0期)」って、検査する度に診断結果が悪化しています。。頸癌は進行の遅い癌のはずなのに。。!(ウェブの情報によると、こういうことは結構あるみたいですが。。)

先月、クリニックで「経過観察」or「円錐手術」ってオプションを提示されたのが信じられない位です。だって、あのまま経過観察(様子見)していたら、癌がどんどん進行していたはず。。!!恐ろしいです。やっぱり、大学病院に再検査に行って良かった。。(不幸中の幸い)

今回の結果を聞いて婚約者の彼もかなり心配しています。(特に今遠距離なだけに。。)でも、彼や家族、友人、同僚の励ましがある私はラッキーな方だと思います。

ひとまず8月1日に手術の日程が決まるまで、しばらく心が安まりそうもありません。。
[PR]
by sunnybank | 2008-07-14 22:45 | 子宮頸癌治療
<< Ristorante &quo... 旅行6日目(最終日)@大阪 (... >>


検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のトラックバック
ブリスベンで餃子1
from オーストラリアのふみこ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧