あした晴れるかな@ブリスベン


2010年7月生まれのベビーとの日常・育児生活を更新中。グルメ、写真、旅行が好き☆
by sunnybank
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事

明日から入院します。。!

突然ですが、、、明日(7月26日)から急遽入院することになりました。。

8月1日の次回診察で手術の日程が決まる予定だったのですが、昨日慶応大学病院から電話があり、「26日入院で、28日にオペの枠に空きが出たのですが、この日程で入院できますか???」と聞かれました。。7月14日に0期の癌告知を受けてから、毎日待つだけで何もできない状況にストレスが溜まり、一刻も早く手術を受けたい!と思っていた私には吉報だったので、「はい!お願いします。」と即答。。

でも、実はまだ心の準備が出来てません。。!(昨日も今日も仕事だったし。。)

執刀医のI先生には、明日初めて会います。。!!(ドキドキ)

手術(レーザー円錐切除術)は全身麻酔で行うそうです。。!!!(筋肉注射いやだなぁ。。。麻酔抜けた後、痛いんだよなぁ。。)

ひとまず、入院に必要なあれこれ(T字帯、前開きのネグリジェ、バスタオル、洗面道具、My湯飲み、病室でリラックスするためのアロマキャンドル、お守り等)をバッグに詰めました。。

「退院はいつになりますか?」と入院課に聞いたところ、「こちらでは分からないので、明日先生に直接聞いてみてください」とのこと。。でも、通常手術後2-3日で退院できるみたい。(でも、手術後は、1-2ヶ月出血が続くみたいです。。。憂鬱)

私が今回受ける円錐切除術は治療と確定診断を下すための検査を兼ねています。つまり、術後に行われる、切除標本の病理組織診断で「実際の病期、癌の進行度、浸潤や転移の有無、リンパ管および脈管侵襲の有無)」が判明するのです。。切除断端が陰性であれば良いのですが、癌の取り残しがある(断端が陽性の)場合は、追加手術(二度目の円錐切除術やステージによっては子宮摘出)が必要となるのです。。。実際、術前の細胞診や組織診の結果よりも、術後の病理(確定)診断の結果の方が悪いこともあるみたいです。(もちろん、その逆もありますが。)

なので、手術自体のことよりも、術後の病理診断の結果が今からとても心配です。(このことを考え始めると、ものすごいnegative loopにはまってしまうので、なるべく考えないようにしていますが。)いずれにせよ、病理診断の結果は、術後10日以上経たないと分からないようです。。

もちろん家族はすごく心配してます。。(表面上、明るく振る舞ってくれていますが。)明日の朝は家族総出で病院まで車で送ってくれるそうです。

boboは相変わらずpositive thinking... 「絶対大丈夫だから。。二人の楽しい未来のことだけ考えて!」と励ましてくれました。

次の更新は、退院してからになります。。

今夜眠れるかな。。。?
[PR]
by sunnybank | 2008-07-25 23:54 | 子宮頸癌治療
<< 入院1日目 ドレス試着 >>


検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のトラックバック
ブリスベンで餃子1
from オーストラリアのふみこ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧