あした晴れるかな@ブリスベン


2010年7月生まれのベビーとの日常・育児生活を更新中。グルメ、写真、旅行が好き☆
by sunnybank
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事

ブリスベンでの就職活動と在宅翻訳家への道。。

この頃、TVのニュースは暗い話題ばかり。。世界金融危機の影響や急激な豪ドル安、資源安を受けて、オーストラリアでも企業の倒産、吸収合併や大幅な人員削減が増え、失業率も上昇しています。私がこちらに来る数ヶ月前までは、歴史的な好景気に沸いていたのが嘘のように、急激に国内経済が冷えこんでいるようです。。

こんな状況の中、こちらにきてまだ3ヶ月弱の私が、それでなくても求人の少ないブリスベンで仕事を見つけるのは、至難の業。。はっきり言って、かなり行き詰まっています(><)。しかも、クリスマス休暇前で求人数もさらに減っていますし。実際、私が応募できそうな仕事はひとつも見あたりません。

先月、ブリスベンにオフィスのある日系と現地の人材派遣登録会社で登録面接を受けたのですが、私の経歴とスキルに合った仕事は今のところないとのことでした。日本では、10年近く企業広報・マーケティングの仕事をしていましたが、オーストラリアで広報のプロとしてやっていくには、ネイティブレベルの英語力はもちろんのこと、ローカルマーケットや業界の知識がないといけません。なので、こちらに来たばかりでオーストラリアでの職歴がない私は、履歴書の時点で敬遠されてしまうようです。もちろん、広報・マーケティング以外の分野でも探していますが、職種にこだわらなくても、ビックリするほど求人がありません。求人を出していない現地企業にもCVとカバーレターを送ってみましたが、反応は芳しくありません。(ほとんどの企業が新規採用を控えているみたいです。)

就職活動が一向に進む気配がないので、結婚式が終わるまでは活動を一時休止して、在宅翻訳の仕事を探すことしました。と言っても簡単に仕事がもらえる訳ではないので、ひとまず、日本の大手翻訳会社数社に履歴書を送って、トライアルの試験を受けることになりました。。でも、このトライアル試験というのが手強い~。

私はこれまでの業界経験から「金融・経済」を専門分野に選びましたが、送られてきた課題はかなり専門的で量も半端ではありません。英日、日英で合計24ページの課題を訳さなくてはなりません。(しかもトライアルなので、もちろんお金はもらえません~。)内容も、ヘッジファンド戦略や会計制度、金融デリバティブの契約書など、難しいものばかり。しょっぱなからかなり引きましたが、自分の勉強にもなるので、辞書を引いたり、インターネットで調べたりしながら、頑張って少しずつ訳しています。

課題提出後、合否の審査に1-2ヶ月かかるそうです。(これもまた長い道のりだなぁ。。)しかも、一般応募者の合格率は1-2%で、合格しても仕事がもらえる保証はないようです。

ちなみにオーストラリアで翻訳家や通訳としてやっていくには、通訳・翻訳の国家試験(NAATI)に合格する必要があります。NAATIにもいろいろなレベルがありますが、Professional以上のレベルの資格を取得するのは、かなり難しいと聞きます。

まだブリスベンでの就職をあきらめた訳ではありませんが、道が開けるまで、ひとまず出来ることから少しずつ取り組んで行きたいと思ってます。でも、在宅翻訳は孤独な作業なので、オフィスで働くのが好きな私にとってはツライ作業です~。。
[PR]
by sunnybank | 2008-12-04 09:28 | ブリスベンの日常
<< JJ Jackson x Le... お肌のトラブル、その後☆ >>


検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のトラックバック
ブリスベンで餃子1
from オーストラリアのふみこ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧