あした晴れるかな@ブリスベン


2010年7月生まれのベビーとの日常・育児生活を更新中。グルメ、写真、旅行が好き☆
by sunnybank
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事

<   2009年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

お手軽「焼き肉のたれ」☆

ずっと外食が続いていたから、たまには「お家でディナー」。。

Sunnybankの韓国系肉屋Thomas Meatで仕入れた「和牛カルビ」で焼き肉です。。♪
b0144119_23483036.jpg


焼き肉のたれは、以下のレシピで超簡単に手作りできるので、是非一度お試しください~☆

<焼き肉のたれ(お肉400g分)>

しょうゆ(大さじ4)、砂糖(大さじ2)、酢・酒・すりごま(各小さじ4)、にんにくのすりおろし(1かけ分)をよく混ぜる。後は、このたれを薄切り肉に15分程つけて、サラダ油(大さじ1)で焼くだけ。

超簡単でしょ~?!
[PR]
by sunnybank | 2009-01-31 23:47 | 料理&レシピ

Landmark x BBQ at South Bank

1月30日(金) 058.gif時々057.gif

私の家族のブリスベン滞在も残り数日となってしまいました~(涙)。午前中に移民局にビザの申請に行って、姪っ子ちゃんのおもちゃを買いにGarden Cityの「トイザらス」へ。お昼は、先週K君と行った時、満席であきらめたSunnybankの「Landmark」で飲茶を~。
b0144119_136132.jpg


このお店、飲茶自体はまぁまぁなのですが、サービスがイマイチ。飲「茶」なのに、お茶が出てこないんです~(笑)!しかも、かなりアグレッシブに注文しないと、食べたいものにありつけません~。ブリスベン第二のチャイナタウンと言われるSunnybankで一番大きい飲茶なので、こちらにお住まいの方なら、一度は行ったことがあるかも。

Landmark ★★★
Sunnybank Plaza
Shop 101, Mains Rd
Sunnybank 4109 QLD
Phone: (07) 3344 3288

午後、boboの両親が私達のユニットに遊びに来たのでお茶をして、その後、Fショコラちゃんやwhelixちゃんと待ち合わせて、South Bankへ。夕方からBBQをやる予定だったのですが、待ち合わせの頃から雨がパラパラと降り出し、途中で結構雨脚が強くなってきました。「BBQできるかな~?!」と心配だったのですが、South Bankに着いた頃には雨が止んできたので、一安心。でも、今度は場所取りでトラブル発生~☆

5時前にはBBQエリアに着いたのですが、既に主要なBBQ台は他のグループに取られてました。「金曜日のBBQあなどるなかれ!」ですね~。学生や家族連れでどこもいっぱいでした。で、South Bank内をくまなく探した末、屋根やベンチはついてないけれど、一応BBQ台だけはある場所をboboが見つけたので、そこでこじんまりBBQをすることに。
b0144119_13164653.jpg


近くのスーパーマーケットで食材とお酒を買い込み、BBQ開始。途中で雨がパラッとしたりして心配でしたが、無事BBQができて良かった~!やっぱり、日本から来てくれた家族や友達に「オーストラリアのBBQ」を体験してもらいたかったのですよね♪
b0144119_13171872.jpg


BBQの後は、みんなでSouth Bankをぶらぶらして、その後Little Stanley St.にあるカフェでコーヒータイム♪ このカフェの横のオープン・スペースでサルサを踊る団体に遭遇。結婚式で踊りを覚えた姪っ子ちゃんは、「ねー、踊ろうよ~♪」と自ら輪の中に入って踊ってました~。ブリスベンは、金曜の夜にオープン・スペースでサルサを踊るのが流行っているようで、カジノの前の広場でも毎週金曜日にみんな踊ってマス!
b0144119_13233817.jpg


ショーケースに美味しそうなスイーツがいっぱい!この桃の形をしたスイーツ、イタリア系のカフェでよく見かけるのですが、中身は何が入ってるのかな~??!
b0144119_13263076.jpg


妹とママが頼んだスコーン。スコーンっていうより、甘いパンみたいだったけど~(笑)
b0144119_13272490.jpg


明日の朝、Fショコラちゃんとwhelixちゃんが帰国してしまうので、この後、私達のユニットで少し飲み直しました。今日は一日中、食べ続けで、既にかなりお腹いっぱいだったけど。。。

みんなとの時間、名残惜しい~☆
[PR]
by sunnybank | 2009-01-30 23:57 | カフェ&レストラン

テンポラリー・スパウズビザ申請

今日(1月30日)でフィアンセビザの有効期限が切れてしまうので、ブリスベンの移民局でテンポラリー・スパウズビザの申請をしてきました。午前9時の開局前に並んだので、1時間弱で審査官と会うことができました。審査官は全然フレンドリーではなく、無口な事務的な人でした。もっとフレンドリーな人だったら、良かったのに~。

「Marriage Certificate(Registry Office発行の正式な結婚証明書)」以外の書類はすべて揃えていたので(←これが面倒くさかった!!)、その場で「Bridging Visa A」が発行されました。このビザは、スパウズビザの審査中、以前持っていたビザの内容(work permit等)が引き続き有効となるつなぎビザ。ただし、このビザには海外への渡航許可がついていないので、審査中に日本に里帰りする場合や海外旅行に行きたい場合は、別途「Bridging Visa B」を申請しなくてはなりません。Bridging Visa Bの申請には75ドルかかります。

移民局によると、現在の永住ビザの審査期間は「6ヶ月~8ヶ月」(←長い!!)。世界的な景気悪化のためか、オーストラリアへの移民を希望する人が増え、移民局はかなり混雑している模様。日本のオーストラリア大使館での審査期間は4ヶ月らしいですが、実際もっと短い期間でビザが下りているケースがあるみたいです。申請当日や数日でビザが下りたなんていうラッキーなケースも!!

Bridging Visa Aでも、「Medicare(オーストラリアの公的な健康保険)」に入ることはできるので、翌週さっそく手続きをしてきました。これで、民間保険会社の高い保険料(月200ドル近く)を払わなくて済みます。と言っても、Medicareでは、歯医者や民間の病院での入院などはカバーされないので、別途、民間保険会社のプランに加入しなくてはいけないのですが。日本の医療制度と仕組みがかなり違うので、慣れるまで色々と面倒です。

今回申請したテンポラリー・スパウズビザは「永住権(permanent residence)」ではないので、2年後にまたパーマネント・スパウズビザの審査を受けなくてはなりません。それまでは、大学での学費はinternational studentのままだし、基本的に失業手当などの社会保障も受けることができません。永住権取得までは、まだまだ長い道のりです~!

Bridging Visaは、なんか中ぶらりんな立場で嫌だな。早くビザ下りるといいな~☆
[PR]
by sunnybank | 2009-01-30 11:10 | ビザ・届出

鉄板焼きディナー@KABUKI

今日のディナーは、私の誕生日に行き損ねた「Kabuki」に。ブリスベン・シティのスタンフォード・ホテルの敷地内にある鉄板焼きレストランです。

私達は、量少なめの「椿コース」を注文。前菜の次に出てきた「ガーデンサラダ」↓ サラダはごく普通なお味でした。
b0144119_1132888.jpg


グループでコース料理を頼むと、カウンターの前でシェフがパフォーマンスしながら、サーブしてくれます。ちなみにシェフは日本人ではなく、中国人でした。このパフォーマンスは、お客さんも参加するインタラクティブなもので、生卵を小さなお椀で受け取ったり、卵焼きを口でキャッチしたりするのですが、私は生卵を上手くチャッチできず、あやうくスカートにこぼしそうになりました~(汗)!!
b0144119_1151546.jpg


海老とサーロイン・ステーキ。。
b0144119_1165164.jpg


鮮やかな手つきで、海老を調理するシェフ↓ 海老の頭は、カリカリのおせんべいにして、後でサーブしてくれます。
b0144119_1182757.jpg


お次は、照り焼きチキンと野菜炒め。
b0144119_1195472.jpg


出来上がりはこんな感じ。照り焼きのたれが美味しかったです。
b0144119_11101736.jpg


サーロイン・ステーキの後にガーリックライスとお味噌汁、食後にフルーツが出ます。。日本の鉄板焼きの方がシェフの手さばきも華麗で、盛りつけなども高級感があると思いますが、これで一人50ドルはかなりお得だと思いました!日本だと鉄板焼きディナーは1万円以上しますよね~?!私の家族&Fショコラちゃん、whelixちゃんにも楽しんでもらえたみたいで良かった~☆ 焼き肉もそうだけど、鉄板焼きも大人数で行くと盛り上がって、美味しさも倍増しますね!

インターネットのコメントなどを見ると、評価が二分されるお店のようでしたが、私達はグループで行ったせいか、食事もカジュアルな雰囲気もそれなりに楽しめました。店内の照明が明るく、かなり賑やかな雰囲気なので、二人だけのロマンチック・ディナーには向かないかも!6人以上のグループで行くのがオススメ~。週末に行く場合は、早めに予約をした方がいいです。

Kabuki ★★★★
Stamford Plaza Hotel
Edward St (Cnr Margaret St)
Brisbane 4000 QLD
Phone: (07) 3221 1999
[PR]
by sunnybank | 2009-01-29 23:48 | カフェ&レストラン

フレーザー島旅行: 3日目(最終日☆)

1月29日(木) おおむね058.gif

楽しかったフレーザー島旅行も、今日で最終日。。名残惜しいです~!今日も素晴らしい晴天☆
b0144119_1525327.jpg


朝、チェックアウトの際にまたちょっとしたトラブルがあり、午前中の船に乗り遅れたので、午後までリゾート内を探検することに~。、ま、気にしない、気にしない。右側がsunnybankママ (←足、細っ!)
b0144119_1551377.jpg


キングフィッシャー・ベイ・リゾートのホテル棟の様子↓
b0144119_1592146.jpg


世界最大の砂の島、フレーザーには、多種多様な植物が成育しています。どんな植物が育つかは、「砂の湿り具合」、「砂丘の古さ」、「強風の影響を受ける場所か否か」等によって左右されるそう。

島の東側の新しい砂丘では、厳しい潮風に耐えることができ、砂の中の小量のミネラルによって生存できる植物のみが育ちます。内陸に入る程、砂丘は古くなり、腐食・分解した植物により堆積したミネラルの量が増えます。潮風の影響も少なくなるので、大きな木が成育できるのですね。。。もっと内陸の「遮断された森林」(closed forest)では、砂中のミネラル分が豊富で、潮風の影響がほとんどなく、降雨量も多いため、亜熱帯雨林系の植物が育つのだそうです。西海岸の砂丘はとても古く(50万年以上!)、その年月により砂はミネラル分を失っていて、白い色をしています。これらのミネラル分が無く、砂丘の地中深く植物栄養分が埋まっている砂丘では、栄養分の低い砂でも生存できる植物(ユーカリやワラムバンクシア、ヒース等)が生育しているのだそう。。奥深いナ~。

ちなみに、今回私達が泊まったキングフィッシャー・ベイ・リゾートは、フレーザー島の西海岸にあります。リゾートのガーデンに成育していた植物↓
b0144119_15102166.jpg


あちこちで見かけた「バンクシア」 (私達は「たわし君」と呼んでました~笑)↓
b0144119_15433288.jpg


バンクシアは、ふさふさしたタワシ状のものに密集して小さな花をつけ、次第に色が緑から黄色そして枯れて茶色に変色します。枯れた状態になるとまさに亀の子だわしのようなユニークな形になります。そのタワシ状の毛がすべて落ちると、中に固いクリのようなものが見えてきます。種はそのひとつひとつの中に収まっていて、山火事が起こった時にその種のさやを開き、ヘリコプターのような形をした細かい種が周囲に散って、発芽の時期を待つ仕組みになっているそう!枯れる前の「バンクシアの花」は、こんな感じ↓
b0144119_1547421.jpg


奥深い植物達の成育するガーデンを抜けると、静かなビーチに辿り着きます(リゾートから歩いて10分位)。遠くに見える桟橋から、Hervey BayへのフェリーやRiver Headsへのバージが発着します。この日は曇が多くて、晴れたり、曇ったりしてたのですが、晴天の日の海の色はもっとキレイでしょうね!日没時刻の海も見たかったのですが、夕方は毎日夕立があり、美しい日没を見れなかったのが残念でした。
b0144119_15523195.jpg


人気のない静寂に包まれたビーチ。。時間があったら、ゆっくりと読書を楽しみたい雰囲気ですね~♪
b0144119_1553243.jpg


でも、時間のない私達は、「キャー、キレイ!!」とか言いながら、こんなポーズ(笑) 楽しそうでしょ?!☆ 
b0144119_1556872.jpg


リゾート内のレストランで最後のランチ。。私とFショコラちゃんが注文したのは、お決まりの「フィッシュ&チップス」♪
b0144119_16154.jpg


さようなら、フレーザー島!!
b0144119_162593.jpg


この後、ポーターに預けてあった私達の荷物が別の船に積まれてしまうなどのトラブルがあったのですが、一応無事に午後の船に乗ることができました~。ま、そういうトラブルがあっても、「No worries」の一言で片付けてしまうのが、オージー流(笑)!しかも、それで船の出港の時間が遅れたのですが、誰も気にしてない様子でした。。。ははは。

船のデッキで、私達の結婚指輪を撮ってみました~。すっかり忘れてたけど、この旅行は私達のプチ・ハネムーンでもあった~!!
b0144119_1654641.jpg


ブリスベンに帰った後は、私の誕生日に行き損ねた「あの店」でディナーをしました。。。そのレポートは次回アップしまーす。。♪
[PR]
by sunnybank | 2009-01-29 22:58 | 旅行:クィーンズランド

フレーザー島旅行: 2日目 ☆~砂と水の楽園~☆

1月28日(水) おおむね058.gif

昨日の夜は、女子チームで結婚式のゲストブックと写真を見ながら、夜中まで盛り上がりました!で、2日目の今日は、4WDをレンタカーして島内観光。朝9時頃、キングフィッシャー・ベイ・リゾートのVillageで予約してあった8人乗りの4WDをレンタカー。砂の島フレーザーで4WDを運転するのは、結構大変。まず、運転する前に30分間の教習ビデオを見て、浜辺や凸凹山道でのギアの使い方などを習得しなければなりません。私はオートマの免許しか持ってないので、運転はboboに任せっきり~(笑)。

まず、最初の目的地「マッケンジー湖(Lake McKenzie)」へ。地図上はそんなに離れてないのですが、山道の凸凹がほんとにすごくて、5km進むのに数十分掛かりました!山道といっても道が砂なので、轍を外れると大変なことになるんです。ほんと遊園地かアドベンチャーランドの乗り物に乗ってるみたい~!!「キャー」とか「ヒィー」とか叫びながら、やっとのことでマッケンジー湖に到着♪ 湖の畔に着いたとたん、全員、あまりの美しさに絶句~☆
b0144119_13104852.jpg


フレーザーは、数十万年の歳月をかけて大陸が浸食され、海へ流された砂が堆積してできた世界最大の島。。通常、砂の島に森や湖はできないはずなのに、ここでは砂丘にできたくぼみに雨水がたまって湖になったそうです。海面より高い位置にある湖を「パーチドレイク(perched lake)」というらしいのですが、全世界の半数の40のパーチドレイクが、ここフレーザー島に存在しています。その中でも一番美しいとされる、マッケンジー湖!!向こう岸に見えるのは、ユーカリの林です。
b0144119_13253799.jpg


純白の砂と澄んだ水が、あまりにもキレイで、、、幻想的です!!
b0144119_13265689.jpg


私を始め、カメラ小僧達は、マッケンジー湖の美しい姿をカメラに収めようと必死だったのですが、4歳の姪っ子Rちゃんは、待ちきれなくて湖へGO!!!
b0144119_1329492.jpg


この後、みんなで海水浴ならぬ「湖水浴」を満喫。フレーザー日和の晴天で、湖をバックに美女達のグラビア撮影会も決行!写真を公開できないのが残念です~(笑)!!マッケンジー湖の自然美(純白の砂と透明の水)に完全に魅了されました~。こうして写真だけ見ると、美しいビーチの浜辺みたいですね~☆ 湖の水位は、降水量によって左右されるそう。
b0144119_13381685.jpg


名残惜しいマッケンジー湖を後にして、次の目的地「ユラング・ビーチ(Eurong Beach)」へ移動。ユラングはフレーザー島の東海岸にあり、ここから75マイル続く砂浜をドライブできます。ユラングに唯一あるお店で軽くランチをし、いざ、4WDの醍醐味、砂浜ドライブへ出発~!!
b0144119_13435541.jpg


砂浜をドライブする際の制限速度は時速80km。
b0144119_1425097.jpg


小型機の到着時には、車は道を譲らなくてはいけません。
b0144119_14145939.jpg


75マイルビーチから太平洋の海原を臨む。。。1770年に、キャプテン・クックの帆船が75マイルビーチの終点、インディアンヘッドのすぐそばを通ったそうです。。ちなみに、この海岸は海釣りには絶好の場所らしいのですが、大型のサメが生息しているため(←怖い!)、海水浴には適さないとのことです。
b0144119_1414086.jpg


「イーライ・クリーク(Eli Creek)」はフレーザー島東海岸で最大級の淡水の小川で、泳ぎを楽しむ観光客で賑わっています。
b0144119_14152962.jpg


小一時間程、砂の上のドライブを楽しみながら北上すると、「マヒノ難破船(Maheno Wreck)」に辿り着きます。
b0144119_14181556.jpg


この船は1905年にスコットランドで造られた豪華クルーズ船で、1935年に日本に向けて牽引されていく途中にサイクロンの被害に遭い、浜に打ち上げられ難破船となったそうです。こんな所にオーストラリアと日本を結ぶ歴史が残されていると思うと、何だか感慨深いですね~。
b0144119_1422323.jpg


マヒノ難破船の近くにある「ピナクルズ」。砂で出来た非常に珍しい崖です。
b0144119_1435435.jpg


午後6時までにレンタカーを返却しなくてはならなかったので、この後、大急ぎで西海岸のキングフィッシャー・ベイ・リゾートに向けて引き返しました。日没が近づき、山道が暗くて運転が大変でしたが、どうにか6時過ぎに戻ることができました。電灯もない山道で完全に日が暮れてしまったら、どうしよう!とちょっと焦りましたが~(笑)。

ディナーはリゾート内にあるシグナチャー・レストラン「Seabell Restaurant」で。このレストランも、人員削減による人手不足らしく、オーダーした飲み物や食事が永遠に来ない!とうトラブルがありましたが、お味はどれも良かったデス。照明が暗かったので写真がブレブレですが、オントレのホタテ貝と鴨肉料理↓。
b0144119_14425341.jpg


私達はツアーに参加せず、自分たちで4WDを借りて、観光名所を廻りましたが、現地でバスツアーに参加することもできます。ちょっとインターネットで調べてみたら、日本からのツアーも沢山あるみたいです。フレーザー島ちょっと遠いけど、クィーンズランド州に来ることがあったら、是非訪れてみてもらいたい場所の一つです♪

今回は時間がなくていけなかった「インディアンヘッド」にもいつか行ってみたいなぁ。。。
[PR]
by sunnybank | 2009-01-28 23:57 | 旅行:クィーンズランド

フレーザー島旅行: 1日目

1月27日(火) 058.gif時々057.gif

今朝は6時前に起きて、一足先に帰国するパパをブリスベン空港までお見送りしてきました。結婚式があまりにも楽しかっただけに、空港での別れは寂しいものでした~。パパ、また遊びに来てね~!!

さて、今日から「ハネムーン」ならぬ、家族と友人とのプチ旅行です~☆ 本当はタヒチ(ボラボラ島)にハネムーンに行くのが夢だったのですが、豪ドルの暴落で旅費も高いし、boboのお休みもそんなに長く取れなかったので、タヒチは「またいつか(いつ?!!)」ということで、日本から来てくれている家族とお友達と一緒にフレーザー島に行くことに。フレーザー島は、ブリスベンの北にある世界最大の砂の島で世界遺産にも登録されています~。

ブリスベンからフレーザー島行きの船が出ているRiver Headsまでは、車で4時間(遠っ!)。朝9時半頃8人乗りのバンをレンタカーし、ブリスベンのホテルに泊まってたFショコラちゃんとwhelixちゃんをピックアップして、いざRiver Headsへ。船乗り場に着いたのは午後2時近くでした。bobo、長時間の運転、お疲れ様~!ここから、大型Bargeで、宿泊地のKing Fisher Bay Resortに向かいます。船に揺られて40分程度でフレーザー島に到着。。
b0144119_15371825.jpg


私達が泊まった「キングフィッシャー・ベイ・リゾート」はオーストラリア・ツーリズム金賞を受賞したこともある有名なエコ・リゾートで日本の旅行雑誌でも素晴らしいと紹介されていたので、期待してたのですが、サービスが「??!!」で少しガックリ。でも、島やリゾート自体は素敵でした☆

私達が泊まった3ベッドルームのエグゼクティブ・ヴィラ↓
b0144119_15453141.jpg

このお部屋、写真写りは宜しいのですが、ビックリしたのは、チェックインした時、部屋が掃除されていなかったこと!(爆)。天井の窓が開けっ放しになっていたためか、部屋の中に虫や蟻に大量にいて二度ビックリ!いくらエコ・リゾートとは言え、掃除くらいちゃんとしてもらいたい~!仕方なく、自分たちで部屋にあった掃除機をかけ、天井の窓も閉めました。エコ・リゾートなので、エアコンはなく、天井にファンがあるだけです。ヴィラにはキッチンや洗濯機なども備えてあるのですが、あまりキレイではありませんでした~。1992年築ということなので、そろそろ改築が必要な時期かもしれません。後で聞いた話によると、経済危機と不況の煽りを受けて、リゾートを訪れるゲストの数が激減し、経営が苦しくなってきているようです。こんなところにも不況の影響が出ているのですね。。

気を取り直して、リゾート内のプールへ。。
b0144119_15523930.jpg


メイン正面棟のプールと池。プールは、フレーザー島にあるマッケンジー湖をイメージして造られたそうです。
b0144119_1625587.jpg


姪っ子ちゃんと遊ぶbobo。姪っ子ちゃん(4歳)は、プールが大好き♪
b0144119_1635420.jpg


女子達は、プールでバレーボール大会。これが意外と盛り上がりました~!!合宿並に汗を掻いたなぁ~(笑)
b0144119_1653648.jpg


明日は、4WDをレンタカーして、フレーザー島で一番美しいといわれるマッケンジー湖や熱帯雨林、75マイルも続く砂浜をドライブします。お楽しみに~♪
[PR]
by sunnybank | 2009-01-27 21:22 | 旅行:クィーンズランド

結婚式翌日

1月26日(月) 058.gif時々057.gif

結婚式の翌朝は、ピーカン晴れの良い天気~!ブライズメイドのplanetkochiちゃん、yoritomoちゃん、Amちゃんが午前中の便で帰国するので、ホテルのロビーでお見送りしました。3人とも昨晩は遅くまで酒盛りをしてたらしく、寝不足と二日酔いで眠そうだった~(笑)。それにしても皆と一緒に過ごした1週間、めちゃめちゃ充実してて楽しかったョ!素敵な思い出を有難う~!!

午前9時からの「post wedding breakfast」には、35人位が集まってくれました。席は予約してあったのですが、Australia Day(祝日)だったためか、ホテルのビュッフェは結構混んでました。肝心の朝食の写真は、カメラのバッテリーがなくなってしまったのでなし。。(残念~!)思えば、ホテルのラグーンプールに入る暇なかったな~。いつかまたゆっくりとステイしてみたい。。♪

ホテルをチェックアウトした後は、ゴールドコーストにあるQ1の展望台「QDeck」へ。このQ1、今のところ南半球で一番高い建物だそうです。(横浜のランドマークタワーより高い!!)展望台のある77階(地上230m)からはゴールドコーストの素晴らしいビーチと街並みが一望出来ます!この展望台を貸し切って、結婚式もできるみたいですよ~☆。昼間の眺めも素晴らしいけど、夜もキレイだろうなぁ。。ちなみにこの展望台の入場料は、18.5ドルです。
b0144119_1994125.jpg


Q1には、私の家族(両親、妹、姪っ子ちゃん)とbobo、K君、Fショコラちゃん、whelixちゃんの9人で行きました♪ うちの両親も素晴らしい景観に感動してました!!私も初めてだったので、かなり興奮!!展望台にあるQBarでIced Coffeeとラミントン(オーストラリア名物?のチョコレートに浸しココナッツをまぶした四角いスポンジケーキ)をいただきました。ピンクのラミントンって初めて見たなぁ。。しかも、かなり巨大でした!!↓
b0144119_19343433.jpg


Q1の次は、Mundoolunのboboの両親の家にアフターヌーンティーへ。家のすぐ近くで野生のカンガルーに遭遇しました。先週、planetkochiちゃん達と行った時には見れなかったけど、今日は沢山いました!!ちなみに、車の中から遠くにいたカンガルーの姿をスポットしたのは、うちの父!すごい目が良くてビックリしました(笑)。
b0144119_19462289.jpg


お庭で犬と遊んだり。。。
b0144119_1949421.jpg


boboの両親にお茶をご馳走になったりしました。ここでもラミントン登場↓ ☆
b0144119_1950563.jpg


夜は、ブリスベンに戻ってValleyにある焼き肉屋「Koh-Ya」でディナー。ちょっと日本食が恋しくなってきてたので、ちょうど良かったです。久しぶりの上カルビ、美味しかった☆ ちなみに、オーストラリア(ブリスベンだけかもしれないけど~)では祝日に営業しているレストランを見つけるのは結構難しいです。祝日は営業してなかったり、10%以上の祝日サービス料を加算されたりします。実際、幾つか別のレストランを予約しようと試みたのですが、5件位断られました。Australia Dayに普通に営業してたのは、中華街のレストランだけ~!
b0144119_19535059.jpg


8時頃レストランを出たら、丁度近く(中華街の入口)でChinese New Yearの花火が上がりました。ちょっと怖い位近くだったのですが、予期せずに間近で花火が見れてかなりラッキー♪でした。

サンクチュアリーコーブ→ゴールドコースト→マンドゥーラン→ブリスベンと移動が多く、結構忙しい1日でした~。でも、家族や友達がオーストラリアにいる間に、なるべく色んなことを体験して欲しかったので~☆ みんなに楽しんでもらえたみたいで、良かったデス!!

明日の朝は、パパが帰国してしまいます~!!さみしぃ。
[PR]
by sunnybank | 2009-01-26 18:47 | 結婚式

結婚式 side bar その参: ドレス&ヘアメイク編

長編でお届けしている結婚式ネタ、いちおう今回で最終回です~。今日は、ドレスとヘアメイクのことをお話したいと思います☆

-----------------------
<ウエディングドレス>
b0144119_1612650.jpg


07年12月にboboと婚約した後、一番初めに悩んだのがドレスでした。婚約数日後には、日本とオーストラリアのブライダル雑誌を買いあさり(←気が早い~?!)、あれやこれやと妄想を膨らませてました(笑)。。Aラインのシンプルなドレスやエンパイヤ・スタイルもいいな~と思いましたが、ある日本の雑誌で見たマーメイドドレスに一目惚れ。。「これだ!」と思い、早速そのドレスをおいているお店に向かいました。。でも、雑誌のモデルは身長170cm以上の小顔西洋人モデル。160cmの私が着ると、なんかイメージが違い、バランス悪い!?ちょっとガックリでした。で、翌日向かったのが恵比寿にあるアンダンテという小さなドレス屋さん。ここでも4着程色んなドレスを試着したのですが、最後にトルソーに着せてあった↓のドレスをダメもとでトライしました。そしたら、「結構いけるかも!!」と。そのお店では、熟練のおばさま二人がお直しや調整すべてを担当してくれて、対応もフレンドリーできめ細やかでした。

このドレスが気に入ったポイントは2つ。1つは、いわゆる「2ウェイドレス」と言われるデザインで、ストラップレスのビスチェドレスに、アメリカンスリーブのネックラインを取り着けられる点。カラードレスを着ない代わりに、レセプションの時にちょっとイメージを変えた演出ができる点がいいな☆と思いました。もう1つは、豪華なトレーン!美しいドレープとシフォン系の素材が優しい雰囲気です。

私とboboは身長差が30cm以上あるので、当日は12cmヒールのサンダルを履いて歩きました。マーメイドスタイルは縦のラインを活かした方がキレイとのことだったので、少し長めにお願いしました。2月に採寸して、ドレスが出来上がったのは6月。オーダーメイドだったので、時間が掛かりました。

ウエディングドレスは、スタイルは勿論、素材や色など、本当に星の数ほどの選択肢があって、本当に迷うと思います。勿論、お値段もピンキリ。。その中から、自分の希望と予算に合った運命の一枚を見つけるのは大変な作業。雑誌などで好きなイメージを見つけるのもいいけれど、ドレス探しには信頼のできる相手(できれば女性)と一緒に行って、本音でコメントしてもらうのも大切だと思いました。「それ変!」とか「あまり似合わないかも」という率直な意見はほんと貴重です~。あとは、自分の肌の色や身長、スタイルに合ったものを探すのも大切。私は色白ではないので、純白ではなくオフホワイトの生地にしてみました。希望するベールの長さとスタイルも、ドレスを選ぶ際のポイントになると思います!!私は憧れのマリアベールをつけることが出来たので、すごく満足でした~☆

あと、あなどれないのが、補正効果のある「ブライダルインナー(下着)」。私は、青山にあるブライダルインナーの専門店でコルセットとガードルと購入していきました。特に背中の大きく開いているドレスや、腰の部分がぴったりしたドレスの場合、専用のインナーは効果大です。

他に当日活躍したのが、「ブライダルグローブ(手袋)」。挙式や写真撮影の時に、フォーマルな雰囲気を醸し出すのに役立ちます。オーストラリア人(とくにクィーンズランド州で)は、あまり手袋をしてる花嫁は見かけませんが、私はあって良かったナ~♪と思いました。

*後日談
当日雨の中、外で写真撮影をしたためか、ウエディングドレスの裾がかなり汚れてしまいました。なので、ドライクリーニングに出してみたのですが、何とクリーニング代が「300ドル」近くしました。結構高いですね。。!!!でも、せっかく作ったものだし、自分では洗濯できないので、仕方ないですね~。。(涙)

<ヘアメイク>
当日ホテルまで来てヘアメイクをしてくれる日本人のヘアメイクさんを見つけるのに苦労しましたが、Happiness PLANNERさんのお陰で、最終的にはとても良い方に出会うことが出来ました☆ ダウンスタイルにするか、アップスタイルにするか、もしくはハーフ・アップスタイルにするかは、ドレスの種類や会場の雰囲気によって変わるかと思います。ガーデンウエディングやビーチウエディングだったら、ダウンスタイルやハーフアップのカジュアルな髪型が合うと思いますし、荘厳な大聖堂やホテルのレセプション会場では、フォーマルなアップスタイルもいいかと。。あと、ヘアアクセサリーも、生花にするか、造花にするか、ヘアコームやティアラにするか、色んなオプションがありますよね。。

メイクは好みにもよりますが、普段よりかなり濃いめにしておいた方が、写真映えはします。ちょっと濃い?!位で丁度だったりします。特に彫りの深い西洋人のゲストと並んだりすると、濃いめのメイクでも全然薄かったします(笑)。私は、、目パチ効果を狙って、つけまつげを着けてみました~。
-----------------------

結婚式は、何から何まで選ぶコトが多くて大変ですが、自分で納得いくまで悩んで決めたら後悔もないですし。これからお式を挙げる皆さん、運命の一着に出会うことができるといいですね~056.gif

次回からは、「結婚式その後~☆」のネタをお届けしたいと思います♪
[PR]
by sunnybank | 2009-01-25 23:58 | 結婚式

結婚式 side bar その弐: 感謝のきもち編

結婚式当日は、次から次へとスケジュールが詰まっていて、家族や友人とじっくり話す時間がなく、「感謝のきもち」を上手く伝えることができませんでした。。。(←反省) レセプションでスピーチはしたものの、単なる美辞麗句で終わってしまったんじゃないか、本当の私の気持ちが伝わらなかったんじゃないか、と不安になります。当日は、新郎側のゲストも含めて、本当に沢山の人にご挨拶をしなくてはならないので、一人一人と時間を掛けてお話することができないものですね~☆

特に家族への感謝の気持ちは照れくささもあって、伝えるのが難しいもの。。。準備も含めて、日本からいろいろ手伝ってもらったのに、自分のことで精一杯で、ちゃんと御礼もせず、、ダメダメでした~(><)!

そこで、私の結婚式に彩りを添えてくれた、素敵なグッズとそれらにまつわるエピソードをご紹介します。
-----------------------------------
<ウエディング・テディベア>
b0144119_23261516.jpg

こっちでなかなか可愛いベアを見つけることができなかったので、ママと妹に「日本でベアを買ってきて~!」とお願いしました。そしたら何と、二人がウエディング・テディベアを手作り!してくれたんです。。あまりにも良く出来ていたので、初めて見た時、どこかのお店で買ってきたんだとばかり思いました。(ちゃんとクマちゃんがドレスやタキシードを着てるんです~♪ お洋服もすべて手作りしたそう!)しかも、ママは腱鞘炎で片手が不自由なのにもかかわらず、痛みをこらえながら、私のためにウエディング・ベアを作ってくれたんです~。。このクマちゃん、今は私達のベッドルームに飾ってますが、これを見る度、母と妹のことを思い出して、涙が出そうになります!

<ウェルカムボード>
b0144119_23264980.jpg

これも、妹が日本から用意してくれたもの。挙式の際はチャペルの前に、レセプションの時は会場の入口に置いてもらいました。日本人らしく、一つくらいは和なテイストのアイテムを取り入れたかったので、「愛」という漢字をモチーフにしたウェルカムボードに日付と私達の名前をデザインしてもらいました。ファブリック(布)で出来たウェルカムボードは珍しかったらしく、沢山の方から「素敵なウェルカムボードね!」と言っていただきました。ちゃんと額装されているので、式の後も壁に飾ることができます。こんなユニークで素敵なウェルカムボードを見つけてきてくれた、妹に感謝!!です♪

<ゲストブック>
これは、お友達のFショコラちゃんとwhelixちゃんが担当してくれました。普通のメッセージだけだとつまらないと思ったので、二人にお願いしてレセプションの前のカクテルの時間に、ポラロイドカメラでゲスト全員の写真を撮ってもらい、メッセージの横に貼り付けてもらいました。bobo側の親戚の方やboboの両親の友人など、当日初めてお会いするゲストの方もいましたが、このゲストブックのお陰で、名前と顔が一致しました~(笑)。Fショコラちゃんとwhelixちゃんに、special thanks!!です。
-----------------------------------

結婚式は自分達のお祝いの日ではあるけれど、自分達を支えてくれる周りの人達への感謝のきもちを伝える日でもあるんですよね。。この場をお借りして、大好きな家族と友人に心からの「感謝のきもち」を捧げたいと思います☆

「月並みだけど、、、本当に有難う~!!」

私達の結婚式に参加してくれたゲストの方から、「楽しかった」というコメントをもらうのが何よりのプレゼントです。みんな、楽しんでくれたかな?!
[PR]
by sunnybank | 2009-01-25 23:51 | 結婚式


検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のトラックバック
ブリスベンで餃子1
from オーストラリアのふみこ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧